×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペンケヌーシ岳(1750,1m)

2015年8月9日:仲間5人と入山。天候は晴れ。早朝6時半登山口出発。入ってすぐに大きな滝が見える。登山道のほとんどが沢登となるコースだ。一人が登山シューズで登ったが、靴の中まで濡れてしまったようだ。やはりこの山は長靴か沢シューズがベストなのだろう。私は長靴で登った。小さな滝の水しぶきを浴びながら、気持ちのいい山行となった。やはり暑い夏はこういった沢登が気持ちいい。


 入山届~ここで記帳後、13キロ林道を進む。  登山口から入ると、すぐに大きな滝が見える。  倒壊した橋の跡を渡って行く。


沢登で進んでいく。    小さな滝がいくつも現れる。


   沢の水場が嬉しい。  ふと、振り返ると素晴らしい山の稜線が見える。


 水場。    お花畑に水場があって、気持ちがいい。


 砂れき地が広がる。    枯れたチングルマたくさんあった。


   背後を振り返ると素晴らしい稜線が見えた。  


山頂まで後、もう少し。  ペンケヌーシ岳山頂。  山頂の標識。


 下山は途中、迂回ルートで降りる。  迂回ルートはなだらかだ。  ヒダカキンバイソウ


 ヒダカキンバイソウが咲き乱れる。  エゾオヤマリンドウ  コマクサ